ザイロリックとインデラル

ザイロリックとインデラル

ザイロリックという治療薬があります。
こちらは体内で尿酸が作られるのを抑えてくれる効能のある治療薬で、主に、慢性の痛風や、高尿酸血症を伴う高血圧症の治療薬になります。

だいたい2~3か月の間服用することによって、効果が得られると言われてます。

痛風ですが、とても痛いことで有名な病気です。
尿酸が体にたまり、それが血症になってしまい、激しい痛みの関節炎になってしまいます。
放置してしまいますと、激しい痛みが繰り返されたり、他の場所に結晶ができたり、重大な腎臓病になったりしてしまいます。

痛風が起こる前の尿酸値が高い状態が続くと、高尿酸血症となります。
その状態を放置してしまいますと、突然急に足の親指の関節が腫れ上がってしまいます。
そして激痛が走るのです。
この痛みは耐え難い痛みとなりますので、なるべく痛風にはなりたくないですね。

痛風の症状は発作的なものでだいたい1週間ぐらいで収まります。
この発作は、炎症を抑えてくれる治療薬により比較的早めに収まります。

ただ、放置してしまうと1年以内にまた発作が起きて激痛が起こり、慢性の痛風になってしまいますので早めの治療をお勧めします。

芸能人の方で痛風の方が多いとよく聞きますが、過度なストレスや、不規則な生活、暴飲暴食によるものだと思われます。
芸能人の方はやはり、生放送などストレスがたまると思いますが、インデラルという薬があり、こちらはあがり症、赤面症などで使用されています。
動機なども抑えてくれるので、本番前にはぴったりで、インデラルの服用により、痛風の予防にもつながるかもしれません。

それでも痛風になってしまった場合、やはり、ザイロリックの出番ですが、色々な状態の薬があります。
食後の服用が原則とされており、初めて使用する1週間ですが1日1錠を服用するようにしてください。
初期には尿酸の結晶が溶け出してしまう場合があるため、一時的ですが発作がおきてしまうかもしれないからです。

そして、水分はかならず多めに取りましょう。
水分と言ってもアルコールなどは控え、水をよく飲むようにしましょう。

尿の量が減ると、薬の効果が得られない場合がありますので注意してください。

痛風は1回なってしまいますと、慢性的になりやすい病気です。
そして、痛風の症状は大人の男性も我慢できないほどの痛みがあります。
治療薬はありますが、まずはならないよう、普段の食生活などを見直すよう心がけましょう。

ザイロリック|インデラル|薬通販|お薬なび
このページの先頭へ戻る

痛風について 痛風の歴史を紐解く 痛風を治療する薬 痛風と食事 今日から出来る痛風対策