ザイロリックの服用方法と注意点

ザイロリックの服用方法と注意点

痛風は、人によっては何度も再発してしまうこともある生活習慣病です。

しかしながら、一度経験した人はわかるように、歩けないほどの激痛が襲ってくるため、正直もう二度と経験したくない症状でもあります。

痛風は、血中の尿酸値が高くなることから発症する病気です。
血中の尿酸値が高くなる症状は、高尿酸血症と言われます。
この症状は、肥満の方に多くなる症状とも言われていますが、尿酸の元となるプリン体を大量に摂取することからも発症しやすい病気でもあります。
また、血中の尿酸値は普通に生活している中では分からないものでもあります。

その為、この症状になっていることに気が付くことが少ないまま、こっそりと進行してしまう症状でもあります。

この痛風や高尿酸血症を治す為に使われているのが、ザイロリックという薬です。

ザイロリックは、プリン体を尿酸に変換するまでに使われるキサンチンオキシダーゼという酵素を薬中成分の消化に使うように奪ってしまうことで、尿酸への変換量を減らします。
血中の尿酸値も少なくなるという理論で治療に使われています。

服用にあたっては、食後に200~300mgを2、3回に分けて飲みます。
症状により用量が異なりますので、自身での判断が難しい場合は医師にご相談下さい。

この薬を使う上で、腎臓疾患の方は注意が必要です。
理由としては、血中にこの薬の濃度が濃すぎることによって肝臓に大きな負担がかかってしまうからです。

薬は基本的に腎臓で生成される尿などから成分が排出されることで、血中の濃度を調整しています。
しかし、尿を生成する腎臓に障害がある場合、薬を溶かす程の十分な機能が果たせなくなり、その分肝臓に負担がかかってしまうという状態になります。
勿論、処方用量を守ったうえで服用し、且つ定期的に検診している場合は、その点も発生途中で見つけることができる為、重篤な副作用にまで発展することはありません。

ザイロリックに限らず、薬というのは1日の服用時間や回数など、処方箋及び医師の指示に従う必要があります。
また、アレルギー持ちの方や肝臓障害など、自身の身体に何かしら不安がある場合は、必ず医師に報告した上で服用の判断を仰いだ方がよいと言えます。
飲み合わせによって副作用を発症する可能性が十分にあるので、他の薬も服用している場合も同様です。
服用後、胃腸の不快感や眠気、吐き気や発疹などの症状が大幅に出た場合は、速やかに病院で診てもらった方が安心です。

病院に行かずとも自身で治療が可能な昨今ですが、薬を使用する際には体の専門である医師に相談したり、事前にきちんとその薬の情報を把握しておくことが重要だと言えます。

このページの先頭へ戻る

痛風について 痛風の歴史を紐解く 痛風を治療する薬 痛風と食事 今日から出来る痛風対策