痛風ってどんな病気?

痛風という病気をご存知でしょうか。

耳にしたことがあっても、実際になったことはない、という方もいらっしゃると思います。 逆に良くその症状になるという方もいるかもしれません。

痛風とは、身体の中に尿酸が溜まることで関節炎を起こす病気です。 自分では気が付かないうちに身体の中に尿酸が溜まり、関節に結晶ができます。

痛風の予防と改善

結晶ができることにより、関節炎が発症し、酷い激痛と場合によっては発熱を伴うこともあります。
足の親指の付け根に炎症が出やすく、痛みも尋常ではないと言われており、発症すると全く歩けなくなる人もいます。

ただし、痛風という名前の由来にもあるように、痛みが強くなったり弱くなったりと風のように強さに波があります。

関節に尿酸結晶が溜まっても直ちに痛みを生じる訳では無く、何らかの原因で結晶が剥がれ落ちる際に白血球が異物と認識して排除しようとする際に炎症を引き起こし、激しい痛みを生じます。
一般的に、尿酸値が7.0mg/dLを超えると結晶が関節に沈着すると言われています。

参考出典:痛風の症状|原因と予防|治療薬ザイロリックの効果|お薬なび

痛風は薬を服用することで治まる症状でもあります。

この症状は、先にも記載したように尿酸が原因です。

健康診断で血液検査をした方は見たことがあると思いますが、血液検査の項目の中に尿酸値という項目があります。
この項目の値が高いとこの結晶ができやすい状況になります。
これを高尿酸血症と呼びます。

尿酸は活性酸素を取り除き、生活習慣病の予防や老化を抑えることができる強力な抗酸化物質の為、身体の中に一定量あることが望ましいとされる成分です。
但し、DNAやエネルギー代謝によって生成される老廃物でもある為、尿と一緒に定期的に排出される必要のある物質でもあります。
しかし、人間はこの尿酸を分解する酵素が元々ない為、うまく排出することができずに溜めやすいとも言われているのです。
その為、身体から出にくくなれば溜まっていく一方で、痛風が起きやすくなるということになります。

身体の排出機能を担っている内臓は腎臓ということもお分かりのように、この腎臓の機能が弱っているとなりやすいとも言われています。

痛風を引き起こす最も大きな要因としては、食べ物から尿酸の元となるプリン体を沢山摂取してしまうことが挙げられます。 過剰摂取の結果、排泄が間に合わずにこの症状が起こると言われています。


痛風ってどんな病気?

遺伝的なものもありますが、体質だったり、特に肥満が高尿酸血症一番なりやすい要因と言われています。
肥満体質の人は十分に発生しやすい病気でもあるのです。
食べ物が大きな要因と言われるように、日本の食事が欧米化するようになってから急激に増えた病気でもあります。
その為、明治以前にはこの病気は日本にありませんでした。

肉食や脂肪過多、アルコールなどが多くなったことが要因で引き起こされた生活習慣病の一つである痛風は、最も注意すべき病気でもあると言えます。

痛風の歴史についてはコチラをご参照ください。

次に、お父様が痛風になってしまわれた様子を間近で見ていた娘さんのお話を紹介します。
痛風がいかに恐ろしい病気か、具体的におわかりいただけると思います。

痛風とお薬

痛風とお薬

私の父は痛風を患っています。

もともとお酒が大好きで毎日のように飲んでいたのでそのせいだと思います。

痛風の症状は、急に足が痛くなってしまい歩行が困難になるほどの痛みだったそうです。

痛くてどうしようもないので病院にいったところ、痛風と診断され、薬を出されました。
単なる痛みどめではなくザイロリックというお薬で、尿酸が作られるのを防ぐというものです。
尿酸が作られなければ尿酸値を抑えることができて痛風を発症させないことが出来るそうです。

本来なら食生活を見直してお酒をやめたり食品を制限してプリン体の接種を控えるべきなのですが、根づいてしまっている食生活を改善するのはとても難しいそうです。

偶然かもしれませんが、父の父も尿酸値が高かったり、親戚の人でも高い人が多いなどと遺伝的要素もなくはないのかもしれません。

完全に痛風を治癒させることは難しく、一度なってしまうと一時改善する事はできても食生活をもとに戻してしまうと再び足の痛みに襲われるのです。

先日親戚のあつまりでみんなでご飯を食べに行きましたが、みんなでわいわいお酒を飲んでいたので普段量を控えている父もその日は結構な量のお酒を飲んでしまいました。

次の日、いつもとは違い、足の先ではなく膝が痛くなってしまったそうです。

薬を飲むことによって症状は抑えられたそうですが、痛風は体の上部に上がってくるほど悪化しているという証拠なので、しばらくお酒も魚卵もダメと母に怒られていました。

痛風を治す為に服用しているザイロリックも人によっては副作用があり、父はお腹に来るらしく、運転中にも何回もトイレに駆け込んだりととても大変な様子です。

それ以来お酒はほどほどにするようになり最近は痛風になったとは聞いていません。

痛風は尿酸値が高いと体に訴えかけるサインです。
そのときに留めておかないと、尿酸値が上がりすぎて尿路結石を起こしてしまったり、ほかの重大な病気に罹る原因にもなります。

父にも言えることですが、痛風の人は一時的ではなく、意識して生活習慣を改めましょう。


如何でしたでしょうか。
実際痛風に罹ると上記のお話にあるような症状に悩まされることになります。
痛風に苦しまないためにも日頃からの健康管理が必要になります。
既に痛風になってしまっている方は、ザイロリックの服用が効果的です。

痛風治療薬の詳細はコチラでご確認ください。

ザイロリックで痛風・高尿酸血症治療

ザイロリックで痛風予防

ザイロリックで痛風予防

ザイロリックという薬をご存知でしょうか?痛風の予防にはなにはともあれザイロリックと言われるほど信頼のおける治療薬です。辛い痛風の回避に役立ちます。

≫詳細ページ

ザイロリックとインデラル

ザイロリックとインデラル

ザイロリックは身体の中で尿酸が合成されるのを食い止めてくれる薬です。インデラルは血圧の上昇を抑えることにより心臓への負荷を軽くしてくれます。

≫詳細ページ

ザイロリックの作用と副作用

ザイロリックの作用と副作用

医薬品には効能とともに副作用が存在します。痛風治療薬ザイロリックの服用をお考えの方はまず先に薬のメリットとデメリットを知ることが大切です。

≫詳細ページ

ザイロリックの服用方法と注意点

ザイロリックの服用方法と注意点

ザイロリックは痛風に効果のある薬ですが、服用の際には他の薬と同じように気を付けなければいけない点も存在します。正しい服用が治療への第一歩です。

≫詳細ページ

痛風の診断と似た病気

痛風の診断と似た病気

たとえば、足の親指が痛いからと言ってその原因がすべて痛風に有るわけではありません。リウマチなども関節に痛みが生じる病気の一種です。

≫詳細ページ

痛風が男性に多い理由

痛風が男性に多い理由

痛風のイメージとして、男性特有の病気と思われる方も多いのではないでしょうか。女性より男性に発症しやすいということにはいくつかの理由があります。

≫詳細ページ


このページの先頭へ戻る

痛風について 痛風の歴史を紐解く 痛風を治療する薬 痛風と食事 今日から出来る痛風対策